生きる事ってコスパが悪い

40代、真面目に不真面目を考える

【実家リフォーム】エアコン編

今年の夏は暑くなるそうですね。

(毎年言っているような気もしますが・・・。)

 

我が家も引っ越しを期に子供部屋にエアコンを設置することにしました。

スケジュール的にはこんな感じ

【スケジュール】

①エアコン業者が取り外し

②壁紙職人さんが壁紙を張る

③引っ越しの日にエアコン取付

 

壁紙職人さんと同時進行でエアコン業者が古いエアコンを取り外していると、またしても問題発生の一声が・・・。

 

今度はなんだ?と恐る恐る聞いてみると、「エアコンを設置する部屋にエアコン専用のコンセントがない。」とのことだった。

今まではマンションだったから特に気にしていなかったものの、そういえば実家に住んでいるときは天井のコンセントではなく、下についているコンセントからエアコンの電源を取っていた。

 

なんなら、同居が決まる前の盆暮正月にとまった際も普通に専用コンセントではいコンセントから電源を取ってエアコンを使用しており、個人的には「見栄えが悪い」ぐらいしか思っていなかったが、最近ではそれではダメらしい。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【参考】

エアコン専用コンセントの義務化は本当?また増設をすすめる理由とは | コンセント増設交換修理・プラグ交換で困ったら|コンセント110番 (konsent110.com)

【下記引用】

1.通常のコンセントを使用するとブレーカーが落ちやすくなる

エアコンは電気製品の中で、とくに消費電力が大きい家電です。多くの家庭では、複数の家電を同じ時刻に使用します。たとえば同じ時間内で、電子レンジで食べ物を温めたり、テレビをつけたり、炊飯器でお米を炊いたりすることがあるでしょう。

複数の家電を使いながら、エアコンも通常のコンセントで使用すると、エアコンに必要な電力が足りなくなる場合があります。その結果、ブレーカーが落ちてしまうのです。

2.通常のコンセントを使用すると熱が発生して火災の危険性がある

エアコンの専用コンセントを使用しないまま、通常のコンセントでエアコンを使用すると、電圧に耐えられなくなります。するとコンセント部分に熱が集まり、発火して火災の原因となるので注意が必要です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

当初予定していた、子供部屋(2部屋)に加え、寝室についていた6年ぐらい前に買ったエアコンも下のコンセント使用していたため、3部屋の専用コンセント工事が必要だった。

また、専用コンセントを増設するのであれば、専用のブレーカーも必要らしいのだが、実家のブレーカーは小さいモデルを使用していたため、空きが2つしかなかったため、その辺も考えなければならなかった。

 

そんなこともちろん知らずにエアコン設置を考えていたので、急遽設置ができる業者を探しことに・・・。

 

取り外しを行ってくれた業者は、今回は引っ越し業者の下請けで来ているので、すぐにはできない。またこのまま依頼となると、「引っ越し業者が絡むので割高になる」とのこと。

 

仕方なく、親が仲良くしているという、町の電気屋さんに電話をしてみると・・・。

電気屋:同時にエアコンも購入されますか?

プラプラ:いいえ。エアコンは購入済みなので電源工事だけです。

電気屋:そうなんですねぇ。今の時期忙しくて時間が取れないんですよ。

プラプラ:いつならできますか??

電気屋:ちょっとスケジュールを確認してみないと・・・。

    今職人さんが出張中で来週にならないとスケジュールがわからないです。

 

と、こんなやり取りだった。

今の時代連絡手段なんてなんでもあるだろうに。朝から晩まで寝ずに現場に行ってるわけではなもないだろうから、連絡取れるだろうに。

 

察しました。お心、察しました。

平たく言うと、「電源工事は正直面倒、手間のわりに収入にならず、うまみのあるエアコン本体がセットでないとやりたくない」ということなんだろう。

 

とりあえずコンセントを設置しないことには前に進めないので、ネットで検索すると下記を発見、とりあえずネットで工事の相場観を調べたうえで、見積もりを出してもらい、納得できればすぐ依頼するつもりで見積もり依頼を行った。

【参考】

電気工事110番とは | 日本全国対応の電気屋【電気工事110番】|家庭&法人電気工事:照明取替工事5,000円~(税込5,500円~) (capsulesdebieres974.com)

 

早々に見積もりに来てくれたのは、職人さんを絵にかいたような職人さんで、天井裏に潜り込み、一番外観に影響のない施工方法で工事を行ってくれるとのことであった。

 

【見積もり詳細】

高所作業、天井裏作業、壁貫通作業等、作業費:46,000円

コンセント、ブレーカー等部品代:31,000円

合計77,000円(+税)

 

自分が予想していた見積もりよりも安い価格で説明も丁寧だったのですぐに以来となった。

 

それにしても次から次へと出てくるもの。

悪く考えれば、厄年だからか?日頃の行いが悪いからか?なんて考えてしまいそうだが。

トイレにしても電気にしても早期発見、対処できてよかったと思う。

 

とりあえず引っ越しまでには何とかなりそうなので一安心。

これ以上は何もありませんように!!!!!!!

 

写真はインスタであげております、お暇ならぜひ遊びに来てくださいm(_ _"m)