生きる事ってコスパが悪い

40代、真面目に不真面目を考える

【マンション売却】マンション売却への道~内見~

マンション売却を決めてから売却までの実体験を少しずつ書いていきます。

その2~内見~

 

■マンションを売りに出した日

・2021年12月末

⇒年末年始のお休みに物件をネット検索する人が多いと想定し設定した。

 

■マンション内見件数

・2021年12月:0件

・      1月:4件

・2022年 2月:2件

       3月:2件

→ネット検索、資料請求は月平均60程度

→買うつもりで内見する人もいれば、半分冷やかしで内見する人も見受けられた。

 

■内見の際にネガティブ要素としてとらえられたこと

・立体駐車場

→高さ制限のある立体駐車場だったため、規格外の車を持っている人は検討外になってしまった

・寒さ

→リビングは南向きで暖かかったものの、北向きの二部屋について寒さを指摘された

→下の階に居住スペースはなく、騒音に問題を気にしなくよいことは子育て世代にはプラスと思っていたが、子育て世代に該当しない方には「寒さ」のほうにフォーカスされてしまった。

 

⇒内見の人及び問い合わせ等は多かったものの、高さ制限のある立体駐車場および部屋の寒さがネックとなり、なかなか成約とはならなかった。

 

■反省点

・世の中の流れ、立地条件、家の状態、売り出し時期及び退去時期が好条件であることにおごってしまった。

・売主側としては利点と考えていたポイントも、購入者側の世代層が変わればマイナスになってしまった。

・良かれと思って敷いていた絨毯やゴザも「傷隠しでは?」と考えられてしまった。

・物件説明時には、訪問者に合わせてプレゼンを行ったつもりではあったが、説明しすぎて必死さが出てしまった。

・内見に来ていただける回数が多かったのはありがたかったものの、住みながらであるため都度掃除、荷物の整理をすることは苦痛であった。

 

果たして無事売却となるのだろうか・・・。

価格設定を見直すか・・・。