生きる事ってコスパが悪い

40代、真面目に不真面目を考える

【実家リフォーム】トイレ~完成~

 

実家のトイレを交換しようとしたらあらわになった床の痛み

急遽床の補修を行ったため予定はずれにずれ込んだ・・・。

 

pulapula40sai.hatenablog.com

 

待ちに待った新トイレ設置

もうどんなトイレを注文したか忘れてしまうぐらい時間がたってしまったため、新トイレのスペックを紹介

 

■新トイレ

TOTO KQシリーズ(リフォームタイプ)

→超節水、超エコモデルを選択。旧便器を使用していたと仮定すると3~4年で元が取れる計算。

→新便器を設置する際に配管の位置が昔と変化しており、配管位置が中央に寄りすぎていて、そのまま設置するとトイレ位置のバランスが悪くなってしまうとのこと。

本体も安価で配管工事を行うことなく、リフォーム用のジョイントをつけられるこちらのモデルを選択。

www.komeri.com

 

■便器補修工事費用

・便器:34,800円

・タンク:32,000円

・便座:2,980円

→トイレに電源コンセントが設置されていなかったため、別途コンセント工事を行ってまで付ける必要もないということで昔ながらの何もない冷たい便座にした。

・新様式便器工事:29,000円

・旧便器処分費:7,000円

・床解体工事:7,800円

・根太(床板を受ける横木)補修工事:9,700円

・床下地工事:12,500円

合計135,780円(税込み)

→見積書をいる限り、急遽床工事を追加で行ったものの、セット価格で施工していただいた様子。何ともありがたいコメリ様。

 

予定になかった床工事が途中に入ったため、時間がかかってしまったが、費用的には安く済ませることができたと思う。

今回の設置に携わってくれた方々に感謝です。

大切に使わせていただきますm(_ _"m)

 

写真はインスタであげております、お暇ならぜひ遊びに来てください( *´艸`)