生きる事ってコスパが悪い

40代、真面目に不真面目を考える

【マンション売却】マンション売却への道~価格見直し~

昨年末から大手不動産業者を仲介業者として、売りに出していた。

 

pulapula40sai.hatenablog.com

 

内見にこそ来てくれるものの、なかなか決まらない背景に過去の記事に書いたネガティブポイントの他にもう1点明らかになってきた。

pulapula40sai.hatenablog.com

それは、管理費(大規模修繕積立金を含む)である。

マンション購入当初は、販売業者も売りやすくするため管理費(大規模修繕積立金を含む)が低く設定されていた。ただ、大規模修繕の際には一時金を集める可能性があるという制約付きで。

 

ある程度居住年数が経ったころマンション管理会社から2つの提案があった。

①現行の管理費(修繕積立金を含む)で大規模修繕時に一時金を集める

②管理費(修繕積立金を含む)を値上げし一時金をなしにする

 

当時マンション管理組合の理事長を行っていた自分は、マンションを手放す予定がなかったため、「②管理費(修繕積立金を含む)を値上げし一時金をなしにする」を選んだ。

もちろん居住者全員で多数決を行い、最終的に②に決まったのだが、結果として他のマンションよりも相場が高い管理費となってしまった。

 

マンションを所有し続ける人には良い選択だったと思うが、いざ手放すとなると毎月の高い管理費はネガティブポイントになってしまう。

内見に来てくれた人達にはそれとなく伝えたものの決断に至らないということは、ネット等で物件を参照してくれる人には高い障壁になっていたと思われる。

 

売り出し当初は、時代背景と立地条件で強気の価格設定にしたものの、ローンと管理費で毎月の支払いが高額なるとなかなか決断に至らない当言う状況になってしまっている。

 

仲介業者と相談を行い専任媒介契約延長と共に価格の見直しを行った。

・当初売り出し価格:3,490万円

・見直し売り出し価格:3,290万円

段階を経て価格を見直してもよかったのだが、いち早く安定したダラダラ生活を送りたいダメ人間なので一気に値下げを行った。

(当初の価格設定が高すぎたのを反省する意味も込めてw)

 

果たしてこの価格見直し上手く行くのか行かないのか。

管理費(大規模修繕を含む)の見直しのときのように、あとあと後悔しないようにならなければよいのだが・・・。