生きる事ってコスパが悪い

40代、真面目に不真面目を考える

【頭と心】3年前と3年後

Googlephotoは本当に便利、大量写真が保存出来てみたいときに見れる(いろんなデータは抜かれているでしょうが・・・。)

 

3年前、2019年の今頃の写真を見ると僕は千葉県鴨川市を旅行中のご様子。楽しそうに家族と磯で遊んでいる写真が印象的です(笑)

 

一方会社では、現場から本社へ異動になり4年目の年、一度目の休職する直前。

 

こう振り返ってみると、人生何があるかわからないと改めて感じます。少なくともGooglephotoに残る3年前の写真の自分は、今の自分を全く想像していませんでした。まさかマンションを売り払って実家の元居た自分の部屋でブログを書いているとは夢にも思っていません(笑)

 

これから3年後

僕は何をしてるのでしょう?

大切な人はどうなっているのでしょう?

日本はどうなっているのでしょう?

規模が大きくなればなるほどわかりません。たぶん誰もわかりません(笑)

 

もし、3年後必ず死ぬと言われたら、皆さんはどんな選択をするでしょうか?

 

死ぬまでにしたい10のこと

内容はうっすらとしか覚えていませんが、余命宣告をされた主人公がやりたいことを10個上げてそれを行っていくという内容だったような・・・。

 

当時(2003年)僕が真っ先に書いたことは、「会社を辞める」でした。

その希望を叶えるのに19年もかかってしまいました・・・(笑)

 

今は、見えない未来に恐がり、備え生きることも正解だと思いますが、近い未来を思いきり楽しむことも正解だと思います。

 

前はずっと死にたい、一思いに殺してくれと思っていましたが、今は明日死んだらちょっと悔しいです(笑)あれも、これも、それもやりたかったと思うと思います(笑)

 

なので自分は明日死んでもいいように必死にダラダラ生きていこうと思います( *´艸`)

 

みなさんもダラダラ生きてみませんか?

明日、大地震があるかもしれませんよ、はたまた富士山が噴火するかも、いやはや核ミサイルが降ってくるかも。

 

絶対になくならないと思っているものがなくなってしまうかも・・・。